間違ったスキンケアはニキビ発生につながる!

多くの女性が20歳を過ぎてからできる大人ニキビで悩み、なんとか改善したいと努力していますが、なかなか思うようにいかないようです。

実際に、大人ニキビは治ったと思っても、同じ場所に繰り返してできたり、悪化してニキビ跡となって残ったり、とてもしつこくて厄介で治療が難しいニキビです。

そんな大人ニキビの改善には、十分な睡眠を取り、栄養バランスの良い食事を摂るなど、毎日、規則正しい生活を送ることが何よりも大切です。

それに加えて、スキンケアにも注意を配りたいところですが、知らないうちに間違ったスキンケアを行って、ニキビを改善するどころか、ニキビ発生の原因を作ってしまっているケースもよくあるので、自分自身が今まで行ってきたスキンケアについて見直してみることも必要です。

中でも、よくあるニキビ発生につながる悪い行為が皮脂の取り過ぎです。

ニキビを気にしている方は、どうしても肌をさっぱりさせたいとか、清潔に保ちたいという思いが強いため、皮脂を摂り過ぎてしまう傾向にあります。

ニキビの原因の一つでもある皮脂は、取り過ぎることで余計に分泌されることが分かっていますし、また、逆に乾燥してしまうこともあります。

そして、肌に負担をかける洗浄力の強い洗顔料を使ったり、ゴシゴシと強く擦ったり、本来は、1日、朝と夜の2回の洗顔で十分なのですが、何回も洗顔し過ぎてしまったり、さらに、肌にダメージを与えるクレンジング剤を使い、さっぱり系、引き締め系の化粧水ばかりを使用して乳液やクリームは使わなかったりと、ニキビに悪いとされる行為はさまざまあります。

本当に皮脂の分泌状態を安定させたいのであれば、洗顔などで皮脂を取るということは控えめにして、それよりも肌にたっぷりと水分を補給して保湿してあげることを考えるほうがいいと思います。

保湿を疎かにして肌が乾燥し、角質肥厚が起きて角質が厚くなってゴワゴワになると毛穴を塞いでニキビ発生の原因を作ることになってしまいます。

毎日の洗顔は、さっさと手早く済ませて、化粧水をつけた後にセラミドなどの保湿成分を含んだ美容液やクリームをしっかり塗って保湿してやりましょう。

ダイエット・美容インフォ

そして、体の内側からのケアとして規則正しい生活を送るように心掛け、ストレスや紫外線、活性酸素などにも注意が必要です。

特に、普段の食事より睡眠時間のほうが重要で、睡眠不足の生活は、かなり肌に悪影響を与えて、ニキビ発生の原因になります。

最低でも6時間以上の睡眠を取り、できれば夜10時から深夜2時の間に熟睡するのが理想的です。